MIZICA PROJECTNEWS

2020.12.02

モリリンがプロジェクトを通じてカフェの衛生管理をサポート

「WIRED CAFE」を運営するカフェ・カンパニー×「MIZICA PROJECT」第1弾

全国の「WIRED CAFE」で、制菌加工マスクの着用を開始

繊維専門商社のモリリンは、2020年8月に立ち上げた、“衛生面から社会・環境に寄り添う”取り組み「MIZICA PROJECT」(みじか プロジェクト)に賛同する、「WIRED CAFE」を運営するカフェ・カンパニーとの共同で、BIO SHIELD(ビオシールド)制菌加工と、非フッ素撥水「bluelogy®」加工を施し、イージーケアの機能を付与した「WIRED CAFE」ロゴ入りマスクを制作しました。12月2日(水)より、「WIRED CAFE」で働くスタッフに、制菌加工マスクを導入し、接客時の着用を開始します。

このマスクの着用を通じて、モリリンは人と人の感性・共感コミュニティを創造し、情緒感あふれる地域社会を実現していくというカフェ・カンパニーのフィロソフィーに寄り添い、安全・安心の社会・環境づくりを進めていきます。

  • 「WIRED CAFE」
  • 制菌加工マスク

今回の取り組みでは、「MIZICA PROJECT」を推進するモリリンが手掛けるBIO SHIELD制菌加工、さらには非フッ素撥水「bluelogy®」加工を活用し、カフェ・カンパニー直営の「WIRED CAFE」で接客するスタッフを対象に、ロゴ入りの制菌加工マスクの着用を開始します。

「WIRED CAFE」を運営するカフェ・カンパニーでは、着用開始の際に店舗スタッフに制菌加工マスクについて説明することで、改めて店舗の衛生管理に対する意識づけを図る機会になると考えています。

また、各店舗では“人と人の感性・共感コミュニティを創造する”というフィロソフィーの下、スタッフとのコミュニケーションを通じてお客さまにも衛生管理について、今一度考えていただく機会になることを期待しています。

※:特定の細菌が繊維上で増殖するのを抑制し、菌数を減少させること